私は胃腸が弱い体質で、脂っこいものを食べすぎたりレトルト食品を食べたりすると、
すぐにお腹の調子が悪くなってしまいます。

生理前などはホルモンバランスの関係もあるとは思うのですが、便秘と下痢を繰り返してしまう事があります。
便秘の時は特に酷くて4~5日満足なお通じがない時もあり、本当に苦しい思いをします。

長くお通じがないとお腹の中で便が固くなってしまい、益々排便し辛くなってトイレで脂汗が出てしまうほどです。
便秘の時の便は、ウサギの便の様に固くてコロコロとした丸い状態になり、水分がないのでなかなかスムーズに排便できません。
便秘はお腹の調子が悪くなるだけでなく、吹き出物が出来たり肌トラブルが出て来たりしますし、
気分も憂鬱になりストレスを感じたりする事もあります。

私は3日以上お通じがない時は、いつもよりヨーグルトを食べる様にしています。
ヨーグルトには腸内の善玉菌を増やしてくれる働きがあり、腸内環境を整えてくれると言う嬉しい効果があります。
又、水分も沢山含まれているので便が固くなる事を防いでくれます。

美肌や健康等様々な効果が期待できるヨーグルトですが、便秘改善を目的とするなら食後に食べるのが効果的だそうです。
乳酸菌は胃酸にとても弱いので、胃に届く頃にはほとんど死滅してしまいます。
死滅してしまった乳酸菌も善玉菌のエサとなるので無駄ではないのですが、胃酸の薄まる食後は乳酸菌を、
とても良い状態で腸に届ける事が出来るそうです。

私の場合、ヨーグルトを食べると便秘の症状は大体改善されます。
便も良い状態で出てくれますし、排便も力む事無くスムーズに出来るのでとても効果があると思っています。
しかし毎日ヨーグルトを継続して食べると言う事は、なかなか難しいものです。
買い忘れたり味に飽きてしまって、中断してしまう事も多々あります。

そんな時は、バナナやフルーツをトッピングして味に飽きない様にし、おやつ感覚で食べる様にしています。
大好きなおやつなら買い忘れる事もありませんし、日々の楽しみにもなります。

お腹の調子が悪い時等、冷たいヨーグルトを食べる事でかえって調子が悪くなってしまわないか心配な時は、
常温にしたりレンジで人肌ぐらいに温めたりして食べています。
冬場などは、冷蔵庫で冷えた冷たいヨーグルトを食べる事に少々抵抗がありますが、
温かいホットヨーグルトなら、寒い時期でも安心して食べる事が出来ますのでお勧めです。

乳酸菌は腸内にずっと居続ける事が出来ないので、毎日摂取する事が大切だそうです。
お腹の調子を整えておく為には日々の習慣にする事が大切です。
もし食事でとるのが難しい場合は、乳酸菌のサプリメントなどもおすすめです。
中には水なしでも飲めるタイプもあるので、手軽に腸内ケアできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>